忍者ブログ

めろでぃ&りずむ

たまには現実から解放されたいのです。ここは、もう一度やり直すための場所です。

カテゴリー「きっと病んでます。」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

別離


色々ありました。

いやはや、私がおかしいのはいつものことですが、もはや私が悪かったのかもわかりません。
時すでに遅し、壊れたものは元には戻らない。
いや、戻したくないのだろうか。
なので、私からはどうしようもないのです。
どうしてそうなってしまったのか、分からないわけではない。
でも、それはもうどうでもいいことなのです。
別離することを私が選んだわけではないのですから。
拒絶することを選んだわけではないのですから。
なので、それは仕方のないことなのです。
いくら私が何かを申し上げようといたしても、もはや意味のないことなのです。
結局は私が悪いのでしょうか。
それが事実ならば私はただ、何もすることはできません。
結果は私の意に反するものですが、それを受け入れることしかできません。
ただ、すべては終わってしまったものなのです。
何が正しくて、何が間違っているのかは私にはわかりません。
何を選んで、何を捨てるべきなのかもわかりません。
それにしても、貴方は何を選んだのでしょうか。
事実を捨てて、不確定なものに臨むのはなぜでしょうか。
戻るべき場所を捨てたのはなぜでしょうか。
私には、わかりません。
誰も傷つくことを望まず。
誰も悲しむことを望まぬ私には、わからないのです。
私が悪いのであれば、それは、もうどうしようもないことなのです。
私には、ただ、謝罪することしかできないのですから。
他人を理解しようとしなければ、分からないのでしょうね。

とても、残念でなりません。



PR

すいません、忙しいんです。。。

とりあえず、忙しいです。相変わらず。
最近、感性がぶっとんでるのかよくわからないんだけど。。。
とりあえず、常人にはついてこれるかわからないけど。。。

扉を開けてみたい人はどうぞ。

・・・Next

Apr. 2nd thu.

新しいクラス。学科全体で大体70人くらいだろうか。
女子はいない。留学生がいる・・・くらいだろうか?
新しい環境。
知り合いは一人。
全く知らない人たち。

今まで回っていた歯車とは違う、新しい歯車の回りだす前兆だった。

・・・Next

生と死

答辞の内容について話し合った。
それは、ほんのちょっとした言葉だった。


友達の死


私が訃報について知ったのは、帰国してから数日後。
母から伝えられた。
葬式などは全て終わっていた。
クラスの半数は私と同じように知らなかった。


自分が、無力だった。

・・・Next

刹那

3年生。テストが終わって高校生活も残りわずか。
休みとは名ばかりで2月は忙しい。


少し前に、刹那主義について語られた。




でも、その人は刹那主義者になり損なった。




背中合わせの悲劇と喜劇。何もしなければ何も起こらない。
悲しくもない。でも、嬉しくも、ない。
しかし、人はないからこそ、求めてしまう。
幸せになれるとは限らないのに。



幸せってなんですか?



たとえば、夢に埋もれること。
たとえば、光しか見ないこと。
たとえば、考えるのを止めること。
たとえば、大切な人を守ること。
たとえば、大切な人の傍にいること。
たとえば、



貴方にとっての幸せってなんですか?

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[03/06 BlogPetのティキ]
[02/13 BlogPetのティキ]
[02/06 BlogPetのティキ]
[01/30 樫鳥]
[01/30 BlogPetのティキ]

最新TB

プロフィール

HN:
ぜろ。
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1990/10/18
職業:
学生
趣味:
楽器の演奏
自己紹介:
もう一度やり直します。
本気で。切実に。
またサボってたら・・・
ぶん殴ってください。

バーコード

ブログ内検索

Blog Pet

Copyright ©  -- めろでぃ&りずむ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ